証券会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 9

投資方針を決めた後、実際に投資を始めるには、証券口座の開設が必要です。このページでは、証券会社や口座の選択肢やおすすめについて記載してあります。特に米国株、海外ETF、投資信託の積立といった投資をお考えの方にとっては参考になる部分もあるかもしれません。

証券会社の選択肢

米国株や米国株式市場のETFへの投資を行いたい場合

米国株への投資を行いたいなら、国内の証券会社に口座を作る場合、選択肢は「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」の3通りです。逆に言うとこの3通りしか選択肢が無いに等しいです。口座開設自体には特にリスクはありませんので、まずは特に悩まずこれら3口座は開設しておくことをお勧めします。(理由は後述しますが、口座の種類については、この時点では、特定口座の源泉徴収有がおすすめです。)

SBI証券

系列ネットバンクのSBI銀行の外貨積立預金機能やSBI証券のFXサービスを用いることで、他社に比べ圧倒的な低スプレッドでドルコスト平均法を手間をかけずに実行できる点が最大の魅力です。

他社が1ドル当り0.25円の手数料で逐一取引手続きが必要なのに対し、SBI銀行の外貨積立預金では1ドル当り0.04円の手数料で外貨の自動積立が可能です。

ただし、注文方法や注文の有効期間は指値のみの15日間までで、マネックス証券の豊富な注文方法と長期の有効期間(90日間)には劣ります。注文の有効期間がマネックス証券と同等レベルになれば、全方位に死角の無い、最強の証券会社と言えるでしょう。

楽天証券

操作のわかりやすさ、楽天銀行との連携、ポイントを活用した投資も可能等といった点の魅力もあり、昨今大きく魅力を増してきている証券会社です。楽天銀行口座を持っている人ができるだけ手間をかけずに各種証券取引(特に米国株取引)を行うには、非常に良い選択肢だと思います。唯一SBI証券とマネックス証券に対してわずかに劣っていた手数料も同レベルとなり、楽天バンガードファンドといった魅力的な投資信託も登場し、魅力を増してきていると感じます。楽天ポイントで投資信託が購入可能といったメリットもあり、かなりオススメできる証券会社へと変貌を遂げつつあります。

マネックス証券

現時点で自分自身がメインに利用している証券会社です。マネックス証券の魅力は、米国株投資での注文方法の豊富さと注文の有効期間の長さ(90日間)です。高値掴みを避けるために、じっくり考え抜いた強気の指値を入れ、焦らず指値に刺さるまで待つのは、米国株個別銘柄や米国株式市場ETFの長期投資では極めて有効な手法だと思うので、90日間の注文有効期間は素晴らしい仕組みと感じています。

その反面、手数料の安さについては、十分に安い領域ではあるものの、SBI証券に比べて為替スプレッドで劣ります。また、UIのわかりにくさも他の証券会社と比べて顕著です。また、投資信託の積立方法に、SBI証券と楽天証券(積立NISAのみ)は毎日積立を選べるのに対し、マネックス証券は毎日積立を選べません。

SBI証券と同レベルの為替手数料が実現されたり、UIが改善されたり、投信の毎日積立が可能になってくれば、米国株や米国株式市場ETFや投資信託への投資においては、最強の証券会社になると思います。正直なところ、直近ではSBI証券や楽天証券に差をつけられつつあると感じており、今後の改善に期待したいところです。

証券口座の選択肢

積立NISA口座

積立NISA口座では、年間40万円までの投資によって発生した利益が20年間にわたり、すべて非課税となります。これは、通常月3万円/月、ボーナス月5万円/月の積立が意識された非課税枠で、多くのサラリーマンにとって最適な、長期投資にとって極めて有利な制度です。後述する源泉徴収ありの特定口座(=確定申告が常に不要となる証券口座)と合わせて、できるだけ早く積立NISA口座を開設し、積立投資を始めることが資産形成の極めて重要なポイントと言えるでしょう。

NISA口座

NISA口座では、年間120万円までの投資によって発生した利益がすべて非課税となります。

自分自身は米国株や海外ETFへの投資を主軸にするにあたり、注文の有効期間が90日と長期間に渡って指値を入れることができるマネックス証券でNISA口座を運用することに決定しました。このあたりの内容についてもいずれ記事にまとめたいと思います。

特定口座の源泉徴収有の口座がおすすめ

サラリーマンが手間をかけずに投資するためには、口座開設時に、特定口座の源泉徴収有の口座を開設することを強くおすすめします。理由としては、確定申告がいかなる状況でも不要となるからです。多忙なサラリーマンにとって、確定申告を行うことは大きなストレスとなり、本業に悪影響を及ぼしかねないのではないでしょうか。

いずれにせよ、上記3社の口座開設はすべて実施しておくことをオススメします。どの会社も良い意味で競争しており、それぞれの会社が持ち味を持っています。ただし、最近はマネックス証券が、若干課題を抱えているという感じでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ